『時空跳躍ターミナル』のお客さま方から寄贈していただいた、オリジナルのイラストを展示しています!
http://jikuutyouyaku2.blog63.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
うさぎさま画 ぽっくん×4ッ!!!!
2009-11-24 Tue 17:18
img010.gif

「ポクに、盗まれへんモノは、何も無いやんかー……」

 ――うおおおおお、ぽっくぅぅん!
 何か、今日はカッコいいですよっ!?

「きょ、今日は、て何やんか? 失礼やんか?!」

 えー、オホン(笑)

 こちらは、うさぎ様に描いていただきました
「BADGAME」企画に登場するポーカーことぽっくんです☆

 普段はどことなくホニャララとした感じの方ですが
(「し、失礼やんか?!!」byぽっくん)
 うさぎさまの筆により、不敵できりりとした雰囲気が醸し出されていますねっ! 

img012.jpg

 さらに! ぽっくんの不敵な笑み!
 これはきっと、盗みが上首尾に終わった後ですね☆

「当たり前やんかー。ポクの手にかかれば、どんな仕事も簡単やんかー」

 ……で、でも……そんなに得意になってていいんですか?
 あまり調子に乗っていると、怖い「ウノ」の方々がやってきますよ……?

「大丈夫やんかー。ポクの逃げ足には、誰も追いつかれへんのやんかー……っ!?

 うわああああっ!?(逮捕)」

 ――ああ……
 ぽっくん、ウーノ警部に連行されていってしまいました……(汗)

ウ「……以下の記事は『追記』にしておくんだな。
  ふふ……さて、どうしてやろうか……」

 ひえええええ!?

 そ、そんなわけで、以下は「追記」よりどうぞ!(怖)
 男×男注意ですっ……!!  
img011.jpg

ウ「さっきの強気な言葉を、もう一度吐いてみるか?」

ぽ「嫌やっ……も……許して……」


 ……あわわわわわわ(震)
 何か、見てはいけないものを見てしまったような気があぁぁ!

 ――む? あそこの棚の陰にいるのはアウローラさん!?

 しかも満面の笑み!?

 ちょっとおおおおおお! アウローラさん、戻ってきてくださぁぁい(こっちの世界に)!

 怖いですからッ(僕が)!!


 ――そして……

 ようやくウーノ警部のもとから脱出したぽっくん

 警部の拷問で壊された義足を
 ゲームチームの仲間、スパイダー氏にメンテナンスしてもらっているようです……

 切なく素敵な、うさぎさま作SS付きでの展示ですよ!

img009.jpg

メンテナンス・オブ・ハート


「メンテナンスが終わったら一緒にマーブルチョコレートでも食べようか」
 
優しい声色に、ポーカーは少しだけ笑うと小さく頷いた。
スパイダーは、ウーノの元から帰って来たポーカーに何も聞きはしなかった。
ウーノと旧知の仲の彼なら、ウーノがポーカーに行ったことは容易に想像できたし、そこを掘り返して聞くほど彼は愚かでは無い。 
 
「スパイダーは何も…聞かないやんか?」 
「まぁね、ぽっくんの涙は見たくない。
ただ、君が話を聞いて欲しいなら別だけど」
 
微笑む彼に、ポーカーの瞳から涙があふれた。 
その涙を乱暴に親指で拭うと、スパイダーはポーカーの瞳に口付ける。
 
「泣き顔は見たくないって言ったばっかじゃないか」
「…なんで、何でそんな…ポクに優しくするんやんかー…
ポクは…ポクは…」
「大丈夫、大丈夫、ぽっくん、大丈夫だよ」
 
ポーカーを引き寄せて優しく抱きしめると、その背中を撫でる。
子供をあやす父親のように、優しく。
 
「んっ…」
 
押し殺すように出された声に、スパイダーが反応する。
 

"ヴァイの奴、随分酷い事するじゃないか" 
 

前にウーノから聞いた事があった。
ショーギという部下がいて、媚薬を作らせたら天下一品だと。
スキップがその薬にはまって毎晩煩いと。
"体に残るから、女相手に使う時は気をつけろ" 
楽しそうに忠告していたウーノの顔が浮かぶようだ。

 
「大丈夫かい?」
 
自分の反応が信じられないといった様子で、ポーカーは口元を押さえて頬を染める。
長い前髪からは瞳が見えず、彼が今どんな表情をしているかはわからない。
分からないからこそ、知りたくなる。
 
そっとポーカーの前髪に触れ、前髪をどける。
そのほんの少しの刺激すら彼の快感を呼び起こすのか、ポーカーの顔は先程よりも蒸気していた。 

「ぽっくん」 
「だ、大丈夫…」
「じゃないね」
「スパイダぁ…」
 
小刻みに震える体でスパイダーに縋りつくポーカーはまるで彼を誘っているようだ。 

「どうして欲しい?ぽっくん」
「触って…触って欲しい…やんかぁ…」
 
「分かった」

優しいままの声色で、スパイダーが囁いた。

                      byうさぎ様

**************************************************


 ――あ、あわわわわわ!(←大人の世界に動揺)

 題名と、スパイダー氏の物腰が見事にシンクロしています
 ぽっくんの傷ついた義足と心を
 静かに癒してくださるんですね……!

 しかし、アウローラさんによると
 スパイダー氏は、ウーノ警部の過去を深く知り
 警部の親友でもあるとか……!?

 ここにもまた、大人の複雑な関係があるようですよ!

 というかぽっくん……
 設定的に

 僕とほとんど同い年なんですけど

 色々と濃い人生勉強をしちゃってるみたいですねっ!
 彼の運命は、果たしてこれからどうなっていくのでしょうか……?
 

 ――は! ともあれ、うさぎ様!

 アウローラさんが棚の陰で鼻血を出してしまうイラストをこのようにたくさん……
 しかも、切なく温かい素晴らしきSSまでご寄贈いただきまして
 本当に、ありがとうございました?っ!! 
別窓 | 寄贈品・BAD×GAME企画  
| グランド・ギャラリー |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。